みそじっ子クラブ

孤高の三十路のための地味な生活手引き

小田和正のコンサートに行った話をします。

小田和正の今年のコンサート、まだ全国ツアー最中のはずですが。
私は、七夕の盛岡公演に行って来ました行って来ました!

盛岡は、7月6日、7日の2daysでしたが、ここは、七夕にラブストーリーは突然だろう!っつーことで、日程をチョイス。



f:id:amaterath1196:20160731195922j:image
(今回のツアートラックです。ちなみに奥に見えるのが、特段めんこくもない『岩手めんこいテレビ』)


小田さんのコンサートは、ジャニーズばりに、花道をドドンっと設置するんですが、おかげで、端の席でも小田さんをかなり近く見れます。



私は今回は、公式モバイルサイトの会員になり、先行抽選でチケットを入手!

前回の公演では、主催者ルートで、チケットをゲット。アリーナ席でほんっとに間近で見れまして。
んで、今回は、公式モバイルサイトに有料会員で取ったし、てことで、前回以上にかなり期待して、臨みました。


…が!しかし、アリーナ席を取れず…
まさかのスタンド席で、正直ものすごく、がっかり。
(S席なのに…!)


f:id:amaterath1196:20160731200450j:image
(ちょっとガッカリしながら、会場に入り、そばっちと小田さんのツーショットを撮影。)


が、それでも十分楽しめるくらい、小田さん、動く!走る!
とにかく会場全体を動き回ります。

で、そんなに動いていても、声がすごい出てるんです。
さすが、ストイック!かなり鍛えてるんだろうな。


今回は、最近リリースされた、ベストアルバム『あの日あの時』からのセットリストだったような。

自分、ちゃんと予習していきませんで…分からない曲もいくつか有りました。
(もちろん、帰ってから即復習済み。)

1980年代生まれの私ですから、オフコース全盛時代が、よく分からないのですが、そんな私でも『YES-NO』や『YES-YES-YES』あたりは、当然知ってるんですよね。

今回のツアーでも、これはモチのロンで、セトリに入ってました。


もう、小田さんの曲は、どんなに昔のものでも、古くささが全くないんですよね。

あくまでも、自分の勝手な印象なのですが、無機質というか、美しい建築物みたいな。緻密で、無駄がなく、正確で、かつ、美しい。耳にずっとのこるメロディー。
ご本人が、建築のマスターまで行ってらっしゃるのが、頷けてしまいます。



で。コンサート内容は。
ほんっとに、大満足。
うちの母と歳が変わらないハズなのに、あのラブソングを、こちらがキュンキュンの照れ照れになってしまうくらい、素敵にナチュラルに歌うんですもんねー。

エア恋愛しているような気持ちになりました。楽しい~♪キュンキュン~♪



あ、それと。あんまりセトリがバレてはいけないんでしょうから、ひとつだけ。

『I LOVE YOU』を生で聞けたのが、ちょっと感動しました。

私、ネットからの情報しか知らないのですが、小田さんが、奥さんと結婚する時に書いた曲だとか。
それが頭にあると、なおのこと、うっとりします。



コンサート終わって、思ったことは、『恋愛って、いいものなのかもしれないな』ってことと、『いかに自分がクズな恋愛をしてきたか』から『私は、ちゃんとした恋愛をしてきてない』ということ。

もう三十路も半ばなので、社会では腐ったミカンならぬ腐った独身ですが、せめて、身なりだけは気を付けようと思った次第です。

めざせ、小綺麗なババア☆