読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みそじっ子クラブ

孤高の三十路のための地味な生活手引き

三十路と親の誕生日問題。

ブリジットジョーンズの日記の最新作、今日から全国公開。なのに…

私の県では、12月公開らしい…

 

電話して映画館に問い合わせたら(涙) 

 

隣県の同等田舎レベルの二県ですら、全国公開日にやるのに。

 

映画にちからをいれてる地域をアピールしておきながら、なんたること。と、今、めちゃくちゃ悔しい思いを抱いてます。

 

 

隣の県(都会)に見に行っちゃおうかなーと思って映画館をチェックしながら、あ、と気づいて…。で。断念。

それは、来週、親のバースデーがあったわってこと。

プレゼントに、靴をかおうかしらと思っていたから。

自分のものだと、私は貧乏性(てかリアルに貧しい!(笑))と罪悪感から、あまりお金を掛けないで、そこそこ良い物で、ちゃんと見えるものを、セールをうまく見つけて買うようにしてます。

我ながら、買い物上手!

 

しかし、自分以外に買うもの・ギフトには、相手への大切な気持ちはもちろん、その他に罪悪感と義務感から、平均より倍くらいの高さで買ってしまうという、ちょっとバカな性分があるんです。

私みないな不細工な人間があげても、ポイってされないように、できるだけ素敵なものをあげなきゃと思うんです。

て。言っておいて、実際そうなってるかは、全く分からないけど。鼻で笑われてるかも(笑)

 

とりあえず。その心掛けは、すごく気をつけています。

 

 

で。親のプレゼント。

姉がちゃんとやってくれれば、私もちょっと手を抜けるのだけど、うちの姉、全くやらない。お金かなりあるんですがね、彼女は。

(私からみたら)自分のセンス悪い服やら、(私からみたら)効果が見えないエステやらにかけてるっぽい。

もう、悪口いっちゃいたくなるくらい。何もせず。

毎朝、職場まで送ってもらっているのに。

ごはん、作ってもらってるのに。

 

 

私は、末っ子なんですが、末っ子って、悪くいえば、ちゃっかりしてる、とか言われますが。言い方変えれば、空気を嫌でも読んでしまうんです。それが、末っ子の生きる手段なので。異性同士のきょうだいなら、どちらも一人っ子みたいだけど、同性がかぶってるパターンだと、扱いが雑なんですよねぇ(笑)

 

で、私がいろいろ家のことやら、親のことやら、ひとりで引き受ける状態になっているんです。

 

話がずれたけど、そう。誕生日プレゼント。

まぁ数万円はかかるとみて。

(他の人は、もっと高くかけてるんだろうけど、先行き不安な零細OL三十路の私には、これが精一杯。)

同じ週のうちに、私も映画だけ見に行ったら、また数万円飛ぶから、ここは、私は我慢☆

12月の地元公開まで、頑張って待つことにします。

 

さて。うちのおじいちゃんの年齢になってるけど未だに孫ナッシングの父親に、良い、てか、入る冬用の素敵な靴が、有るかどうか。

予算内で買えますように。 

 

 

(※このプレゼント問題は、恋愛やら色恋の男性関係には絶対持ち込まない方がいいです!!むしろ、たとえあげなくても、女性にちゃんとしてくれる人でないと。体験談より。)