みそじっ子クラブ

孤高の三十路のための地味な生活手引き

台風の被害

1ヶ月くらい前に、東北地方に台風が上陸して、ひどく被災した地域がありました。
ニュースでも連日取り上げられてましたが。

かくいう、私の父方がそこの地域出身で。
家や小屋があります。 

今は、すっかり空き家で、たまに父が管理に行ったりしていました。


で。

見事というか、なんというか、やられました。家の裏にある川が増水して、家を突き抜け、庭の斜面の土地をえぐってました。

裏には、山から流れたのか、川から来たのか、デカい岩がゴロゴロ。

ガラスはぶっ壊れて無くなっているものの、家自体は残ってました。


が、小屋が、跡形もなく、ナッシング!
養鶏したりキノコつくっていたので、そこそこ大きな小屋だったんですが、ナッシング!
 
【くるみの木の根が剥き出しになる】



f:id:amaterath1196:20161012014918j:image


役場の窓口にいって、被災証明書の申請をしてきました。

まだ判定がでてないというのと、国からの解体費用の負担が、大規模半壊までカバーされるか否か、まだ全く見通しがつかないとのことで。
しばらくは、様子見です。
逐一、役場に問い合わせて情報を確認するようにとのこと。

解体以外の、例えば課税に対する対応なども、まだなんとも言えないとのこと。


今言えるのは、全壊のところは、国が全額負担で解体に入るということのみらしい。


はたして、どこまでが、全壊か、どこまでが、大規模半壊か、半壊か、、、。


川には、落ちた橋、ぐちゃぐじゃになったままの木がたくさん。

うちは、まだ、空き家だから全然いいけど、現に町に住んでいて、住居を失った方々、仕事に就けないでいる方々を思うと、国からの支援金が、極力広く行き届いてくれるように、早く決定して方針が定まるように 、そして落ち着いて横になって休める家を再び…、何とかなるように、切に願う。