みそじっ子クラブ

孤高の三十路のための地味な生活手引き

牛タンを食べた幸せのわたし

先日、学生時代からの友人と久々に再会。


午前3時まで、3軒はしごしました。

三十路になり、私もしかり周囲の環境も変わっているので、最近は、めっきり夜遊びはしなくなりました。


久々にすると、自分が歳をとったことすら、信じられない気持ちになります。


あの当時となんら変わってない、そんな気持ちになります。



で。今回のお題の本題に。


彼女が、お土産に、青葉亭の牛タンを買ってきてくれました!


もう、美味しくて美味しくて…!


本来なら、その噂の牛タンの写真をアップすべきなのですが…


あまりに美味すぎで、家族でペロッと食べてしまいまして…


せめてその感動を伝えるべく、食べた瞬間の私の様子をアップさせていただこうと思います。




f:id:amaterath1196:20150912003724j:plain

『牛タンうめえええええー!ありがとうーーー!』