みそじっ子クラブ

孤高の三十路のための地味な生活手引き

肝とビール

今日って、うなぎの日だったんですね。

f:id:amaterath1196:20150723234652j:plain

私には、うなぎの蒲焼きの魅力が、全くわかりせん。

子供のころ、あれで、嘔吐をしたことがあり、それ以来全くダメになりました。

しかし、うなぎの肝の炭焼きみたいなやつ、あれは美味かった。 苦味がちょっとあって。クセも臭いも無く。思いの外、食べやすかったです。

お魚やさんだったから、鮮度がよかったというのもあるとは思いますけどね。

土用丑の日は、蒲焼きだけでなく、肝の串焼きも是非常連メニューで売ってほしいものです。

そして。

肝に合うのは、ビール。 この季節は、ビール。

f:id:amaterath1196:20150723235235j:plain

これは、岩手の地ビール『銀河高原』のスタウトか何かなはずです。 地ビールは、クセはありますが、ここのものは、酵母の丸みのある味わいで、普通のビールより、味わい深いように感じます。